忍者ブログ
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
林香
性別:
非公開
職業:
枯れ木のような似非社会人
趣味:
絵。ゲーム。PC。項劉いじり。
自己紹介:
僻地のようで僻地でない北日本に生息する年齢不詳の生命体。
元東洋史専修所属だけど漢文まともに読めない。とりあえず時代区分は項劉が好き。三国志も好き。無双は邪道と思うけど嫌いじゃない。でもデータ消えてやる気しない。データばかりが残っているサガやりたい。
ブログバナーできました。ここに置いてますのでリンクしたい方は適当に処理してやって下さい。
林香的戯言
難易度:地獄

最新コメント
[07/19 林香]
[07/19 毛利]
[05/24 林香]
[05/17 森河まりも]
[04/26 林香]
忍者ブログ | [PR]
ケンコンイッテキバクウチビヨリ、と読みます。更新は毎週日曜に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



やってきました、今日は最終回含む風林火山スペシャルレポートです!


【第49回 死闘川中島】

《あらすじ》
川中島に霧が出るという情報をおふくから聞いた勘助は、この霧に隠れて別働隊に妻女山を登らせ敵本陣の背後を突き、敵本体が妻女山を下りたところで本隊が攻めかかるといういわゆる「啄木鳥戦法」を提唱する。信玄はこれを採用し、別働隊を派遣した。一方で上杉軍もおふくから霧の情報を聞いており、宇佐美が勘助の提唱していた策を見破り、霧が出ているうちに山を下りてしまおうと進言する。政虎が武田の動きに気づいたことで、武田軍が霧を利用しようとしていることが露見し、宇佐美の策は実行される。
翌朝、まだ山に陣を構えているはずの政虎が車懸りの陣を敷いているのを見て信玄・勘助は驚愕する。そして別働隊が引き返してくるまでの時間稼ぎとして、信玄の弟信繁と家臣の諸角が敵陣へ突撃、討ち死する。

《所感》
何というか、おふくがやたらめったら黒いな!!! やっぱ金で動く人間はいつの時代にも居るってもんか・・・。
あと信玄が信繁に幌(字これで合ってます?)をもらって、敵陣突入の時「これを敵に取られるのは惜しい、義信様に届けてくれ」の時点であっこれ死亡フラグ立ったとか思ったんですが(←
それとやっぱり、信繁討ち死の前に用意されていたように信玄と信繁の兄弟愛炸裂な談話シーンがあったりで、不覚にも泣いた。
・・・信繁、まことに天晴れであった!


【第50回 決戦川中島】

《あらすじ》
信繁・諸角の死を悼む暇もなく、上杉本隊が本陣に迫る。別働隊はまだ到着しない。勘助は戦線に出ることを決意し、馬を駆って戦場に飛び込んでいく。狙うは敵大将・上杉政虎の首。途中で義信に会った勘助は、「あなた様は死んではなりません。武田の今後を頼みまする」と引きとめ、敵陣突入をやめさせる。また宇佐美とも剣を交える。宇佐美は「一国を滅ぼしてまで何故戦う!」と勘助に問う。勘助は答える。「生きるためだ。己の信じる人のためだ」と。
政虎を討たんとする勘助だったが、激戦の末に矢を受け、数多の刀傷を負い、鉄砲で撃たれ・・・とうとう戦場で散る時がきた。出会った平蔵に摩利支天の守りを託そうとしたが、その平蔵も何処からか放たれた矢に倒れる。勘助は最後、妻女山を下りた別働隊がようやく到着したのを見て「これで我が軍は勝った・・・勝鬨を挙げよ・・・!」直後、上杉軍の兵士に首を討たれる。
戦が終わり、兵士たちの屍が荒野に晒される中、武田軍では討ち死した信繁・諸角の身体を回収し、軍旗をかけ厚く弔っていた。そんな時、伝兵衛が勘助の身体を、太吉が勘助の首を持って本陣へ戻ってくる。信玄と家臣たちは勘助の身体を囲み、勝利の勝鬨を挙げる。

《所感》
いや~何か久しぶりに感動した! 勘助の散り際のかっこよさは異常!
板垣・甘利コンビも壮絶だったがこれにはかなうまい。
上で言い忘れたが死地に向かう途中で由布姫の亡霊がまた引きとめようとするんですよね。何かもう由布姫自重(ぁ
それを振り切っていく勘助がかっこよかった。
義信を引き止める勘助もかっこよかった。
宇佐美の問いに答えている勘助もかっこよかった。
まぁ簡潔に言うと今日の勘助はとにかくかっこよかったんですが!!!
何か最初は空気みたいだったのにねこの主人公!(ヒドス
勘助とやりとりしている最中、武田の(多分そうでしょう。というか死にそうな味方武将に近寄っている敵兵が居たらああコイツ首取りに来たなそれは断じてさせてはいかん!って感じで、狙われるのも当然)矢を受ける平蔵・・・というシチュエーションは凄く皮肉っぽくも見えました。勘助は平蔵になら首やって摩利支天託してもいいって思ってたのにね。
・・・ところで最後の「勝鬨じゃ」が家臣の間で連鎖してたのは何だったのか。
同じことそんな何度も言われたら笑ってしまうではないか! リピートは3度が限界でっせ。



これで風林火山記も終わりか・・・長かった!(来週は総集編らしいから見るけど、日記に書けるか・・・いや書けたら書くけど!)
来年のは多分見ないと思うので、これにて大河鑑賞メモは一旦打ち切りとなります。
次は再来年の直江だー!(またこれやるのか?
PR


今日は4時頃から外出しており、9時まで外に居たので風林火山を鑑賞できませんでした。
よって次回! きっと川中島スペシャルになります(どんなん


風林火山、あと2、3回で終わりですね~(前も同じようなこと言ってなかったか)

今回は双方が川中島に出陣するところからスタート。
まずは上杉方が布陣し、遅れて武田勢が到着という形になります。
・・・ってか、勝頼の出陣を見送る理由がやっぱ由布姫か勘助・・・!
いやむしろ由布姫が出た瞬間に『うわあああさすがN○Kだーーーーー』とか叫んでた自分ガイル(←
アノ演出はニホキョだからこそなせr(スタッフに怒られるぞ)


それからはほぼ膠着状態が続きます。どっちも「先に動いた方が負け!」という感じで。
そんな中、信玄の元に原さん生存報告が飛び込んできて、皆で喜びます。勘助は「お迎えに」と言い出す始末。
原さん・・・いや武田の皆さんは互いに好きあっているなぁ・・・そこ(どこ?)、決してそっち(どっちよ?)の意味ではないぞ。
原さんを保護していたのはおふくとか名乗るバb・・・失礼、おばあさんでした。
・・・だがそのおばあさんがまさか、川中島の霧予言をしてくれるとは思わなんだ・・・!
横光だと土地者確保するために、どっちも一生懸命争ってたのに!!
まぁ横光のあれと比較するのもどうかって話なわけですが。



さて、最終回もそろそろ近くなってきたので、(これまでも結構そうですが、)気合入れて見ようと思います。
世界の合言葉は川中島!(それなんてフロ2


そろそろ川中島ムードになってきました風林火山。
そういや信玄は城要らんというのがモットーのはずなのに「川中島に城が欲しい」とはこれいかに。


上杉軍の包囲にも屈しなかった北条(というかむしろ小田原城)SUGEEEEEEEEEEEEEEE
そんな時に上杉方ではモメ事が。どうやらほら、先週叩かれてたあの人が上杉方から去ったらしく。
「不甲斐なき者め・・・」
っていや、それ紛れもなくアンタのせいだろ(汗

場面は武田へ移り、論功行賞。というか甲州金3すくいでの伝兵衛の顔!顔!(爆)
その後も結構笑えた。コント自重w

またまた場面が変わり北条へ。今回の武田の出兵に裏があると感じた氏康曰く「よく焼けぬ貝(甲斐)よ」
ちょ、これはうまいww座布団一枚wwww

さらに場面転換、武田家。今回めまぐるしいなヲイ
今度は勘助とリツと高坂さんが何やら嫁にするやらしないやらと話し合ってます。
リツを見れば勘助の奥義が分か・・・るのか?というか勘助、リツを高坂さんに押し付けてる?
ところが高坂さん、しばらく言い合った後に「気に入った」
えええええー高坂さん何そのタイミングー
リツが席をたったのは高坂さん云々ではなく勘助の「これで安心」発言にむっとしたからに違いない。女心の読めぬつんでれ勘助・・・アーメン。

その後上杉方に場面が飛び、政虎・人智を越える宣言。
しかもついでに毘沙門天宣言。
それに対する家臣団の盛り上がり方が文化祭レベル。
・・・・・・最後のはそうとしか見えなかった。不真面目でサーセン


あれ、もしかしてあと3回で風林火山終わりなんですか?
日曜の夜寂しくなるなぁ・・・来年は何だか江戸時代の姫が主役とか言うし。
再来年の直江は見ます(宣言)


今回の風林火山は、どうやら上杉方中心に話が動いているようです。
・・・まぁタイトルが「関東出兵」だし。


題名通り、景虎は関東制圧を開始します。
その頃武田家はまた川中島から信濃へ攻め入ろうと画策。そして勝頼が諏訪家を継承して諏訪勝頼になるわけで・・・ってあれ、一度諏訪勝頼なんて名前になってたのか? 何たる黒歴史。 

そうこうしているうちに景虎は関東へ進軍。関東にはもちろん北条氏が陣取っているわけですが、景虎の軍の強さと数がハンパじゃないためあっという間に拠点を落とされまくり。
追い詰められた氏康は小田原城で篭城するわけです。
ですがさすがは天下の堅城小田原、上杉軍の攻撃にも動じず、3日経っても落城しません。
・・・無双でも厄介だったしな、あの城。仕掛けは多いし雑魚ばっかだけど敵将は多いし。
それから例のアレ(城の前で座って酒)ありましたね。あれは凄い。
きっとぎりぎり弓の射程外に座ってたんだと思うが、あれじゃー孫市には完全に撃たれてるね。

結局北条氏康の首はとれずじまいなわけですが、最終的に景虎は関東管領の位を継いで、名前も政虎と改めます。
しかしこの人一生に何度改名してるんだ・・・自分ただでさえ人の名前覚えられないのに、現代でもこんな改名制度あったら混乱してしまうだろうに。
そして異常なほど学徒に烏帽子姿が似合わない件(←


まぁこんな感じでしょうか。
川中島の話が強く出るようになったということは、そろそろ最終回も近いか。
・・・あぁ、そういやもう11月だしなぁ(今気付いたか



Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright c [ 乾坤一擲博打日和 ] All Rights Reserved.
http://rinkohryuki.blog.shinobi.jp/