忍者ブログ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林香
性別:
非公開
職業:
枯れ木のような似非社会人
趣味:
絵。ゲーム。PC。項劉いじり。
自己紹介:
僻地のようで僻地でない北日本に生息する年齢不詳の生命体。
元東洋史専修所属だけど漢文まともに読めない。とりあえず時代区分は項劉が好き。三国志も好き。無双は邪道と思うけど嫌いじゃない。でもデータ消えてやる気しない。データばかりが残っているサガやりたい。
ブログバナーできました。ここに置いてますのでリンクしたい方は適当に処理してやって下さい。
林香的戯言
難易度:地獄

最新コメント
[07/19 林香]
[07/19 毛利]
[05/24 林香]
[05/17 森河まりも]
[04/26 林香]
忍者ブログ | [PR]
ケンコンイッテキバクウチビヨリ、と読みます。更新は毎週日曜に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



…たぶん。

実家に戻った時には結構な頻度で外出して、あちこちの「道の駅(その地元の産地直送センターのようなところ)」に出かけるのですが、とある道の駅ではダチョウの肉が売られているのです。肉刺しとサラミとスモーク肉が。
ダチョウと聞くと食べるイメージに程遠いんじゃないかと思いますけどダチョウ美味しいです。機会があったら食べてみるといいと思うよ! 参考までに自分の親戚は初見の時「ダチョウ肉なんて食べられない」とピーピー言ってましたが、一度食べたあと病みつきになっていました。
その「道の駅」付近に、ちゃんと農場みたいなものも存在していまして…



撮ってきたー

生きてる状態のダチョウさんはでっかいです。でっかくでっかいです。2mぐらいは余裕でありそうでした。羽の触り心地が見た目良さそうだったんですが、近づくと攻撃されるとのことで触るどころかあまり近寄れなかったです。残念。まぁでも、見るだけでも鳥類は癒されるのでいいことにします。
そういや動物園か何かの特番とかレポート番組なんかで、ダチョウに頭つつかれてるアナウンサーとかレポーターとか居たような。攻撃力は結構高いっぽいね。


さて、最後になりましたが自分の家にはダチョウの卵なんてのもあります。昔同じ「道の駅」で軽くヒビ入り状態の中身入り特売品を見つけて、同じように販売していた殻アートするための殻「だけ」1,000円、なんて買うのも何だからと、その特売品を買って穴を空けてアートしようと思ったのですよ。しかし問題なのは中身が入っていること。割ったらアートできないため父や祖父やに迷惑をかけながら穴を空け、母や祖母やに迷惑をかけながら大量の卵焼きにしてもらいました。その後しばらく卵いらなかったね。ともあれ難航しつつも殻を入手することができ、アートする暇も無かったのでそのままの状態で家のどこかに眠っています。家族の皆さん報われてなくてすみません。時間空いたらそのうち何か描くかもしれません。
しかしダチョウ肉美味しい美味しいと買いまくる話ができるとか卵買って苦労したとか自分どれだけその道の駅に通い詰めているのかというね。店の人にとうとう常連扱いされるようになりました。悪いことじゃない、悪いことじゃないんだが…!
PR


この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright c [ 乾坤一擲博打日和 ] All Rights Reserved.
http://rinkohryuki.blog.shinobi.jp/